1. トップページ >
  2. 当サイトについて >
  3. 工事開始〜整地までの流れ

工事開始〜整地までの流れ

Step-1 解体工事の届出

建築リサイクル法によって、80u(約25坪)を超える延床面積の建物の解体をする際は、書類一式を揃えた後、管轄の役所へ“工事の届出”を行なう必要があります。申請して受理されるまでには1週間程度の期間がかかります。

面倒な工事前の役所への手続きも、当サイトの登録業者が代行させて頂きますのでご安心してご依頼ください。

Step-2 ご近隣へのご挨拶

解体工事が始まると、ご近所にはどうしてもご迷惑がかかります。
当サイト登録解体業者は、工事前の近隣への徹底したご挨拶を行ないますのでご安心ください。
遠方の解体工事をされる場合も、お気軽にご相談下さい。お住まいから解体現場が遠く、なかなかご近隣挨拶へ行けないという場合でも、当サイト登録業者がご近隣への挨拶をさせていただく際にはその旨をお伝えし、失礼のないようにさせて頂きます。

また、解体工事をする際はご近隣へのご迷惑はどうしても避けられません。
できるだけご自身でもご挨拶をしていただく事をお勧めします。

※地域によっては、条例等によって工事開始前に近隣の方々への工事内容の説明が義務付けられていることもあります。もしそれらがある場合でも、当サイトの登録解体業者が行いますのでご安心ください。

Step-3 解体工事開始

足場が組まれ、近隣へのご迷惑を最小限にするための養生がなされます。 建物の構造・立地条件により、適切な工法で解体され、廃材は分別されます。

解体工事。解体工事
1.建物の周囲に養生がされます。
ホコリや塵の飛散が防がれます。
2.重機が入る前には屋根材の撤去作業です。
解体工事。解体工事
3.手作業による内装の分別解体作業も
行われます。
4.重機によって解体されます。
解体工事。解体工事
5.出た廃材は、
分別されて運ばれていきます。
6.建物の基礎が撤去されます。
解体工事。解体工事
7.ハツリ工事。コンクリートで
固められている箇所も解体されます。
8.コンクリートも
分別されて運ばれていきます。
解体工事。 
9.解体撤去の後は、地面が整えられ、
整地されていきます。
 

Step-4 整地・工事完了

解体撤去後、整地されます。依頼主様ご自身で確認となります。引き渡しが行なわれ、工事完了となります。

整地
お引き渡し前の整地です。

その後、解体業者から滅失登記に必要な書類を受け取ることになります。

工事開始から整地までは、一般的な木造住宅であれば5日〜7日間程度あれば完了します。解体工事の届出は、申請して受理されるまで7日間程度の期間がかかります。
※当サイト登録解体業者が代行させて頂きますのでご安心下さい。

工事日程については、事前に解体業者と契約を交わす前の段階で、しっかりと確認しておくようにして下さい。

まずは無料でお見積りをご依頼ください。
解体工事に関するご質問やご相談も、24時間年中無休で受付ています。
どうぞお気軽にお問合せください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック